ゆうあいひろば

 

ゆうあいひろば”というのは、友愛会員の方々に配布しております小雑誌です。

本来は友愛商品を愛用されておられる方々に有料(年会費1000円)で

お配りする情報誌なのですが、当店では会員の入会・退会のコントロールがうまく出来ない為、

友愛商品の愛用者より、少し多めの部数を取り寄せ、友愛商品は愛用していないが

当店の他の商品を愛用してくださるお客様にも配布しています。

部数が限定され、渡らない方もありますことをご了承下さい。

この小雑誌が、面白い・為になる・本当のことを書いていると好評なのです。

早速、今月号を見てみましょう。

まず、開くと「運動不足は生活習慣病やウツになりやすい」と書いてあります。

おうちでできる運動を15~30分しましょう。誰でも出来る、簡単な運動が載っています。

左には、藤井社長の巻頭言です。「生きている」「生かされている」ことが一番と書いています。

どんなひどい病気や事故になろうと死ぬことと比べたら「かすり傷」のようなものと

述べています。友愛の生命に対する思いが綿谷会長から藤井社長に引き継がれています。

次のページをめくると内山葉子先生のお話です。

腎臓の病気は、薬で良くなることは殆どありません。まずは薬を止める事、

そして原因を取り除く事です。」とあります。

病気全般に、薬は要らないのです。何故か、この世の中、

こんな本当のことがまかり通っていないと、いつも考えこみます。

内山葉子先生のお話はスゴーイ説得力があり、“パンは食べるな”というお話を連載した時は、

当店のパン売り上げも半分になり、オロオロした時もありました。

次のページを開くと、山口貴也先生のモグラのお話です。

三匹目のモグラ、不安や恐れから、自分が心地よくなるにはどうすれば良いかを書いています。

コロナ、地震、台風、火災、病気、不景気等々、不安なことだらけ。心が折れそうになります。

それが、ちょっとした心掛けで解決するのです。

次のページを開くと健康料理です。

料理材料が少なく、しかも身近な材料なのですぐ揃い、何時でも取り掛かれる料理です。

作ってみましょう。簡単にできます。家族が喜びます、健康になります。

次のページは友愛商品を使用して不具合が直った体験談です。

少々のお金はかかりますが、難しい事や使用することによる副作用や後遺症は考えられません

。基本的には食べる食品と同じです。綿谷博士が熱心に研究した為、

遺伝子組み換え作物や化学的添加物は使用せずに安心・安全な商品が出来ました。

使用している間に身体が自然に良くなっています

次のページはゆうあい根本健康法の理論です。

最後のページに“今こそ友愛健康法を”という文を1ページ付けました。

ゆうあい根本健康法の考え方は3本柱で成り立っています。

1本は神秘の食薬・ローヤルゼリーで自律神経系やホルモン系を整えることです。

2本目はビタミン、ミネラル、酵素の入った食事やサプリメントで腸を整え、血液を浄化する事です。

3本目は浄化された血液が自分で自分の不具合を直す自然治癒力・免疫力を持つことです。

ゆうあいの食事は真ん中に載っていますようにご飯が主食の和食です。

内視鏡の開発者・新谷弘美博士は日本食を摂っていますと

、腸相が良くなり病気になりにくいと主張しています。

日本食に加えて腸の状態を良くする

ベーシック、FNQ,梅肉エキス等を摂りますと鬼に金棒になります。